引っ越し前の家の近所には同年代のお友達が居なかったコロさんでしたが、引っ越し先の家のまわりには

6年生女児 5年生女児 コロさんと同じクラスの3年生女児 1年生男児

と、同じ小学校に通う子供たちがたくさん。
コロさん大喜びでした。



引っ越し当初、空間認識力の弱いコロさんは家から学校までの道のりがわからず、この近所の子供たちに先導してもらい通学していました。

その流れで、下校も一緒、放課後も一緒に遊ぶように。



今まで、帰宅後は母とふたりで過ごしていたコロさんですから、新居での生活は夢のように楽しかったのだと思います。

毎日、帰宅と同時にランドセルを投げ捨て外へ飛び出していくコロさんを、呆れながらも良かったと微笑ましく見守っていた母でした。



それからしばらく経ったある日。
今まで5人で登校していた子供たちが、4人で登校するようになった事に気がつきました。

欠けたのは5年生の女児。
不思議に思いコロさんに尋ねてみると



コ:6年生女児と5年生女児がケンカしたから、一緒に行かなくなった( ・ω・)b



ケンカならまたそのうち、仲直りするだろうと考えていた母でしたが、現実は違って。

それから5年生は毎日ひとりで登下校するようになり、放課後も一緒に遊ばなくなりました。

子供たちは、我が家の前を通って登下校するので、ひとりトボトボ歩いている5年生の姿も母の目に入ります。


なんだか元気もないし、いつまでもひとりだし。
気になった母はまたコロさんに尋ねました。



母:5年生はもう一緒に学校行かないの?
放課後も一緒に遊ばない?


コ:あのね、6年生がもう5年生と遊んじゃダメって言った
( ・ω・)b


母:え(○_○)!!?
コロさん達も5年生とケンカしたの?


コ:ううん。してない。
でも口きいてもダメだって( ・ω・)b


母:…(°Д°💧)…
コロさんは5年生が嫌い?


コ:ううん。嫌いじゃない。
けど、ダメって言われた( ・ω・)b


母:どうしてダメなのかな( ̄∇ ̄;)?


コ:わかんない( ・∀・)



○| ̄|_…



これってさぁ。仲間外れだよね。
コロさん全く気がついてないけど( ̄ ̄;)



それからコロさんには、こう説明しました。

みんなでひとりに対して意地悪するのは良くない。
コロさん達のしている事は意地悪だと教えました。
大きいお姉ちゃんに言われたからと言って、それに従うのも良くない事。
コロさんが5年生の立場だったらどう思う?



コ:コロさんひとりでも平気だよ。
だから5年生も大丈夫だと思う( ・ω・)b



本気か コロさん( ̄□||||!!?



コロさん、相手の気持ちが全くわからないんだ。
お母さん悲しくなりました…



そこまで言うなら聞いてみよう!!

母は翌日、強行手段に出ます。


毎朝、他の子供たちと鉢合わせないようにと、わざと時間をずらして早めに登校する5年生。

洗濯物を干すふりをして、母は彼女を待ち構えました。

案の定、コロさん達より早くうちの前を通った5年生に声をかけ、近くのベンチに座らせました。



母:5年生は、みんなと一緒に学校行くの嫌?
またみんなと登校したり、遊んだりしたくはない?


5:ううん。したい…



うつむいたまま答えた5年生の姿に涙が出そうになりました。

直後、背後から6年生を筆頭にこちらに向かって歩いてくる集団を発見。

そこに家から出てきたコロさんが合流したところで、母は全員に



母:今日からまたみんなで登校しなさい!
もうケンカは終わり。仲直りして!わかった!?


6:……(¬_¬)



なんじゃい その目は!!?L(゚皿゚メ)」ムキーッ


それでも6年生が黙って渋々頷いたので、母はそこに無理矢理5年生を合流させ、登校の様子を見守りました。

さぁ、これからどうなるか…?




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ココロ

Author:ココロ
ご覧頂きありがとうございます
*_ _)ペコリ

私の娘コロさんは、学習障害を伴う自閉症スペクトラムです。

このブログは主に、娘と私の成長記録ではありますが、学習障害や発達障害に関する様々な情報なども合わせて記事にしていきたいと思っております。
発達障害に興味関心のある方、ご家族や自分自身にその傾向が見られる方々のお役に立つ事があれば幸いです。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR